バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

マイコプラズマ感染症用ワクチン

2016年10月18日 | 医療 医薬 健康
出願人: 独立行政法人産業技術総合研究所, 国立感染症研究所長, エム バイオ テック株式会社

発明者: 松田 和洋, 市山 浩二, 松田 幸枝, 佐々木 裕子, 荒川 宜親, 原澤 亮, 西田 芳弘, 片山 宜郎, 遠藤 康男, 野村 信夫

出願 JP2010003732 (2010/06/04) 公開 WO2010140377 (2010/12/09)

【要約】本発明は、マイコプラズマ感染症に対する治療効果が高く安全なワクチンを提供し、効果的なマイコプラズマ感染症の治療方法の開発を目的とし、そのマイコプラズマ感染症用ワクチンとして有効な擬似マイコプラズマ粒子、さらには一般的な細菌も含めた擬似細菌粒子を提供することも目的とする。本発明において、マイコプラズマなど病原性細菌に特異的な脂質抗原をリポソーム構成脂質成分として含むリポソーム粒子とすることにより、擬似マイコプラズマ粒子などの擬似細菌粒子を提供できた。当該擬似マイコプラズマ粒子を投与することで、生体内に強い免疫活性を誘導することができ、優れたマイコプラズマ感染症の予防用又は治療用ワクチンを提供できた。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2010140377/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒトに感染するアイチウイル... | トップ |  酢酸キナーゼまたはカルバメ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。