バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

疾患関連マイクロRNAとその利用

2017年07月14日 | 酵素・蛋白質・ペプチド・核酸
出願人: 国立大学法人北海道大学, 三菱化学メディエンス株式会社
発明者: 佐々木 秀直, 内海 潤, 矢部 一郎, 上田 哲也

出願 2011-290031 (2011/12/28) 公開 2013-138637 (2013/07/18)

【要約】【課題】難治性神経変性疾患のバイオマーカーとなるmiRNAを提供する。また、miRNAを利用した疾患バイオマーカーの探索法を提供する。【解決手段】本発明で特定したmiRNAを測定することにより、筋萎縮性側索硬化症、多系統萎縮症を検出することができる。また、本発明のバイオマーカーペプチドの特定化方法は、miRNAを分析同定する工程、miRNAの標的遺伝子を予測する工程、標的遺伝子をバイオインフォマティクスで絞り込む工程を含み、好ましくは、プロテオーム解析でペプチドを同定する工程を更に含む。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2013138637/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パーキンソン病診断マーカー | トップ | 神経変性疾患の検査と治療に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。