バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

造血幹細胞増加促進剤

2017年05月14日 | 細胞と再生医療
出願人: 中外製薬株式会社
発明者: 吉久保 尚司, 椎名 雅史, 稲垣 友紀子

出願 JP2007061850 (2007/06/13) 公開 WO2007145227 (2007/12/21)

【要約】本発明者らは、TPO受容体に対する低分子化アゴニスト抗体(VB22B sc(Fv)2)の投与により、ヒト巨核球特異的分化誘導(血小板前駆細胞の増加)に加え、ヒト臍帯血由来の血液幹細胞(CD34陽性細胞)の生着、およびmulti=lineageな血液前駆細胞の有意な増加を見出した。TPO又はTPO受容体アゴニストは、造血幹細胞移植(特に臍帯血移植)後に単独投与(G=CSFやerythropoietinの併用なく)するだけで効果を期待し得る、造血系CD34陽性細胞の増殖促進剤又は骨髄での生着促進剤として使用し得る。また、multi=lineageな造血前駆細胞の増殖及び_又は分化促進剤、並びにmulti=lineageな造血能回復促進剤として使用し得る。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2007145227/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上気道粘膜下に投与されるN... | トップ | キラー細胞免疫グロブリン様... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。