バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

パーキンソン病診断マーカー

2017年07月14日 | 神経 脳 リューマチ
出願人: 国立大学法人北海道大学, 国立大学法人弘前大学, 塩野義製薬株式会社
発明者: 佐々木 秀直, 矢部 一郎, 内海 潤, 若林 孝一

出願 2012-045698 (2012/03/01) 公開 2013-181823 (2013/09/12)

【要約】【課題】パーキンソン病の診断に関する。【解決手段】被験者由来の被験試料におけるニューレグリン1のアイソタイプIII(neuregulin1-NRG1)を測定する工程を含み、測定値が、基準値よりも小さくなる場合、前記被験者がパーキンソン病を罹患している可能性があると判断する、パーキンソン病を罹患している可能性がある被験者の選別方法、およびNRG1タイプIIIβを特異的に認識する抗体を含有する、パーキンソン病の診断に使用するためのキットを提供する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2013181823/
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DNAは、生きた細胞の中で不規... | トップ | 疾患関連マイクロRNAとそ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

神経 脳 リューマチ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。