バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

抗がん剤の残薬活用へ 医療費、数百億円削減 厚労省が安全基準

2017年08月13日 | NEWSクリッピング

8/12(土) 7:55配信 産経新聞

 厚生労働省は11日、使い切れなかった抗がん剤の残薬を他の患者にも有効活用できるよう安全基準づくりに乗り出す方針を固めた。免疫に働きかける「オプジーボ」など高額な抗がん剤が相次いで登場しており、薬の廃棄ロスを減らせば数百億円単位の医療費削減も期待できるという。

 厚労省は9月にも、医療機関が残薬を活用した場合の安全性や医療費削減の効果について多角的な調査研究を始める。研究結果を踏まえ、今年度中に残薬の活用策を検討していく。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000050-san-soci
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東大論文不正 倫理欠如を想... | トップ | 血液で13種類のがんを早期... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

NEWSクリッピング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。