バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

細胞操作用ナノピペット装置

2016年11月02日 | 細胞と再生医療
細胞操作用ナノピペット装置
出願人: ザ リージェンツ オブ ザ ユニバーシティ オブ カリフォルニア
発明者: アール アダム セガール, パオロ アクティス, ボアズ ビロズニー, ナダル ポウルマンド

出願 2013-556777 (2012/02/27) 公開 2014-513924 (2014/06/19)

【要約】ナノピペットを用いて単細胞を含む表面上に所望の材料を制御排出する方法及びシステムを提供する。あるシステムは、細胞付着及び成長の制御目的のために任意の基板上にユーザ規定のパターンを堆積するxyzコントローラと組み合わせたナノピペットを有する方法及びシステムに向けるものである。他の実施例は、ナノピペットを有する方法及びシステムに向けたものであり、このナノピペットは、処理量が高く且つ細胞に対する損傷を最少にするように材料を細胞内に電気浸透注入するナノピペットの孔内の電圧差の電子制御部及びxyzコントローラと組み合わされているようにする。更に他の実施例は、官能化されたナノピペットを有する方法及びシステムに向けたものであり、このナノピペットは、分子間相互作用及び単一の生体細胞内の生体分子の検出を研究するために走査型イオンコンダクタンス顕微鏡と組み合わされている。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2014513924/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大腸癌のmicroRNA181a発現に... | トップ | ヌクレオリンを抑制すること... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。