バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

はやぶさ2 生命の起源に迫れるか

2017年07月15日 | 生命科学 生物誌

7年前世界で初めて小惑星の微粒子を地球に持ち帰ることに成功し、日本中を沸かせた小惑星探査機の初代「はやぶさ」。この「はやぶさ」の後継機として3年前に打ち上げられた「はやぶさ2」についてJAXA=宇宙航空研究開発機構は地球と火星の間にある目標の小惑星「リュウグウ」に到達するまであと1年に迫ったと発表しました。「はやぶさ2」が挑むのは、小惑星から生命の起源に迫る手がかりとなる岩石を持ち帰るという壮大な任務です。初代に続く大きな成果を持ち帰ることができるのか。今後迎える、小惑星着陸という最大の難関を前に研究チームは入念な準備を進めています。NHKニュース 2017年7月14日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がん免疫療法に使う細胞 無... | トップ | 東洋紡、自社工場で漢方植物... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。