バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

B型肝炎ウイルスの感染性の測定方法

2017年03月07日 | 医療 医薬 健康
出願人: 国立大学法人群馬大学
発明者: 星野 洪郎, 田中 淳, サハ マヌエンドラ ナラヤン

出願 JP2006317984 (2006/09/11) 公開 WO2007029857 (2007/03/15)

【要約】ウシ水疱性口内炎ウイルスとB型肝炎ウイルスとの表現型混合ウイルスを生成させ、表現型混合ウイルスを肝細胞に感染させ、肝細胞に感染した表現型混合ウイルスを検出することによってB型肝炎ウイルスの感染性を測定する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2007029857/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PS細胞を使って血管脳関門の... | トップ | フラビウイルス感染症ワクチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。