バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

コレステロールアシル転移酵素アイソザイム2(ACAT2)阻害活性を有する新規医薬化合物

2017年07月06日 | 医療 医薬 健康

出願番号 特願2014-129126
公開番号 特開2016-008191
登録番号 特許第5946100号
出願日 平成26年6月24日(2014.6.24)
公開日 平成28年1月18日(2016.1.18)
登録日 平成28年6月10日(2016.6.10)
発明者
供田 洋
大多和 正樹
大村 智
長光 亨
出願人
学校法人北里研究所
発明の名称 コレステロールアシル転移酵素アイソザイム2(ACAT2)阻害活性を有する新規医薬化合物 NEW
発明の概要 【課題】スタチン系医薬品とは異なる作用機序を有し、コレステロールアシル転移酵素アイソザイム2(ACAT2)阻害活性を有する化合物、及び該化合物を含有する医薬組成物の提供。
【解決手段】式(I)で表される化合物、及び該化合物を含有する医薬組成物。該医薬は、脂質異常症、動脈硬化症、高血圧症、脂肪肝及び肥満症に対して有用である。 J-Store>> 国内特許コード P170014352
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターフェロン誘導分子I... | トップ | 遺伝性疾患の検出方法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。