バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

発光を利用して試料中のATPの検出方法およびそのためのコンピュータプログラム

2016年09月15日 | 診断 分析 検査 予防 実験動物
出願人: アミリス ベスローテン フエンノートシャップ, AMIRIS B.V.
発明者: リジェクス, ジョセフ, マリア, フランシスカス, ドナトゥス

出願 2008-542259 (2006/11/23) 公開 2009-517657 (2009/04/30)

【要約】本発明は、発光を利用して試料中のATPを検出する方法に関する。本法では、抽出溶媒による前処理も受けていない試料に発光試薬を添加してATP複合体を形成させ、その結果、前記試料中に形成されたATP複合体の発光を測定する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2009517657/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 難病であるクローン病治験薬... | トップ | 血圧降下作用を有するローヤ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

診断 分析 検査 予防 実験動物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。