バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

筋萎縮性側索硬化症原因遺伝子産物TDP-43の新機能を発見

2017年08月09日 | からだと遺伝子
筋萎縮性側索硬化症原因遺伝子産物TDP-43の新機能を発見 ~難治性の脳神経変性疾患などの治療薬の開発に期待~

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.08.09
首都大学東京 科学技術振興機構 東京農工大学

JST戦略的創造研究推進事業の一環として、首都大学東京の礒辺俊明特任教授、東京農工大学の泉川 桂一特任助教、石川英明特任助教、高橋信弘教授らのグループは、筋萎縮性側索硬化症(ALS) 注1)の原因となるTDP-43が標的とするミトコンドリアRNAを特定するとともに、その結合がミトコンドリアDNA 注2)から合成されるRNA産物の形成制御を通じてエネルギー代謝を始めとするミトコンドリア機能を調節し、その異常が細胞死を誘導することを明らかにしました。
https://research-er.jp/articles/view/61567
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マツキヨが3位転落?ドラッ... | トップ | 胃癌手術前後の運動トレーニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

からだと遺伝子」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。