バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

レーザー励起技術を用いる生物学的および他の分析のためのアップコンバート性レポータ

2016年11月05日 | BioTech生物工学 遺伝子工学
出願人: エスアールアイ インターナショナル, SRI INTERNATIONAL
発明者: ザーリング,デヴィッド・エー, ロッシ,ミシェル・ジェイ, ペッパーズ,ノーマン・エー, ケーン,ジェームズ, ファリス,グレゴリー・ダブリュー, ダイヤー,マーク・ジェー

出願 2004-278564 (2004/09/24) 公開 2005-104980 (2005/04/21)

【要約】【課題】 多重標的検出および標的識別につき使用しうる超鋭敏な細胞、生物学的巨大分子および他のアナライトの検出を可能にするラベル等の提供。【解決手段】 無機アップコンバート性燐に付着した少なくとも1個の蛍光性有機染料分子を含む組成物。蛍光性有機染料分子はローダミン、シアニン、キサンテン、アクリジン、オキサジン、ポルフィリンおよびフタロシアニンよりなる群から選択できる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2005104980/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エプスタイン−バールウイルス... | トップ | 出生後の被験体から神経幹細... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。