バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ウシ個体における脂肪交雑に関する遺伝的能力を評価する遺伝子マーカー

2017年06月14日 | BioTech生物工学 遺伝子工学
.
ウシ個体における脂肪交雑に関する遺伝的能力を評価する遺伝子マーカー及びそれを用いた脂肪交雑に関する遺伝的能力の評価方法

出願人: 社団法人畜産技術協会, 兵庫県
発明者: 高須賀 晶子, 渡邊 敏夫, 横内 耕, 龍田 健

出願 2010-255051 (2010/11/15) 公開 2012-105554 (2012/06/07)

【要約】【課題】 本発明は、ウシ個体における脂肪交雑に関する遺伝的能力を評価するマーカー及びそれを用いた脂肪交雑に関する遺伝的能力の評価法を提供すること。【解決手段】 ウシpantophysin遺伝子のエクソン1の5’上流域718番目の塩基が、少なくとも一方のアレルにおいてAに変異しているか否かを判定し、塩基がAに変異している場合に、その個体の脂肪交雑を増加させる遺伝的能力が、前記塩基がGであるウシ個体よりも高いと評価する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2012105554/

審査最終処分:未審査請求によるみなし取下
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “かぜ”の治療が世界を救う | トップ | DREFを分子標的とする癌... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

BioTech生物工学 遺伝子工学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。