バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

百日咳毒素の検出方法

2017年04月05日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒
出願人: 財団法人ヒューマンサイエンス振興財団
発明者: 加藤 博史, 濱口 功, 山口 一成

出願 2006-020432 (2006/01/30) 公開 2007-195511 (2007/08/09)

【要約】【課題】正確、迅速、簡便な百日咳毒素の検出方法、及びそれを用いる百日咳ワクチンの安全性評価方法及び品質管理方法、及び当該方法に使用するための試薬、キットの提供。【解決手段】以下の工程:1)ヒト以外の動物に被検試料を投与し、2)この動物における、AGP、Lbp及びHpxからなる群から選択される1種以上の指標遺伝子の発現の有無又は量を測定し、3)前記発現の有無又は量を前記被検試料中に存在する百日咳毒素の有無又は量と関連づける工程を含む、被検試料中の百日咳毒素の検出方法の提供。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2007195511/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 百日咳菌のFim3の製造方... | トップ | 百日せき 乳幼児500人重症... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒」カテゴリの最新記事