バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

水溶性フラボノイド組成物の製造方法

2017年03月20日 | 健康・栄養機能性成分
水溶性フラボノイド組成物、これを含有する飲料、食品、医薬品、化粧品及び水溶性フラボノイド組成物の製造方法 NEW

整理番号 (S2013-0687-N0)
掲載日 2017年3月17日
出願番号 特願2015-504277
出願日 平成26年2月28日(2014.2.28)
国際出願番号 JP2014055080
国際公開番号 WO2014136681
国際出願日 平成26年2月28日(2014.2.28)
国際公開日 平成26年9月12日(2014.9.12)
優先権データ

特願2013-047321 (2013.3.8) JP

発明者

宮田 裕次
荒牧 貞幸
石本 慶一郎
中山 久之
田中 隆
永田 保夫
田中 一成
田丸 靜香
松井 利郎

出願人

長崎県
国立大学法人 長崎大学
長崎県公立大学法人
国立大学法人九州大学

発明の名称 水溶性フラボノイド組成物、これを含有する飲料、食品、医薬品、化粧品及び水溶性フラボノイド組成物の製造方法 NEW
発明の概要 容易に調製でき、かつ水への溶解性に優れる水溶性フラボノイド組成物を提供する。フラバノン配糖体と茶ポリフェノールとを含有する水溶性フラボノイド組成物である。J-Store >>国内特許コード P170013858
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多能性細胞の製造方法 | トップ |  3,6-O-架橋ピラノース... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。