バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

NOD2アゴニストで処理した幹細胞またはその培養物を含む免疫疾患および炎症性疾患の予防

2016年12月24日 | 細胞と再生医療
NOD2アゴニストで処理した幹細胞またはその培養物を含む免疫疾患および炎症性疾患の予防および治療用の薬学的組成物
出願人: カン ステム ホールディングス カンパニー リミテッド
発明者: カン キュン スン, キム ヒュン シク

出願 2013-525815 (2011/08/19) 公開 2013-536222 (2013/09/19)

【要約】本発明は、NOD2を発現する幹細胞にNOD2のアゴニストを添加して培養した幹細胞またはその培養生成物を含む、免疫疾患または炎症性疾患の予防または治療用の薬学的組成物に関し、より詳細には、前記薬学的組成物は、前記幹細胞またはその培養物を被験体に投与する段階を含む被験体の免疫反応や炎症反応を抑制する方法、前記幹細胞またはその培養物を用いて、免疫抑制剤または抗炎症剤の製造方法、NOD2を発現する幹細胞にNOD2のアゴニストを添加して培養する段階を含む、PGE2またはTGF=β1の製造方法、NOD2を発現する幹細胞およびNOD2のアゴニストを含む移植体、前記移植体の製造方法、NOD2を発現する幹細胞およびNOD2のアゴニストを含む複合体、ならびにNOD2を発現する幹細胞にNOD2のアゴニストを添加して得られた培養物に関するものである。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2013536222/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 優れた抗癌活性の漆抽出物の... | トップ | エボラワクチンの臨床試験、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。