バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

がん細胞へのアミノ酸補給を断つ薬剤を開発

2017年03月20日 | 癌 ガン がん 腫瘍

バイオの杜.,2017年3月16日 バイオニュース/研究・開発,

がん細胞の栄養源の取り込みを阻害することで増殖を抑制することに成功したと、大阪大の研究グループが発表しました。

ヒトの細胞では、20種類あるアミノ酸のうち8種類を合成することができないため、外部から取り込む必要があり、「必須アミノ酸」と呼ばれています。

必須アミノ酸を細胞内に取り込む際、正常な細胞ではLAT2と呼ばれるトランスポーターを利用しますが、がん細胞では「LAT1」によって取り込みます。
http://pat.intellectual-info.com/bio-mori/news/28640/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌状赤血球症の遺伝子治療に... | トップ | 多能性細胞の製造方法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。