バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

老年症候群の危険性の判定用装置

2016年11月20日 | 加齢 老化制御
出願人: 財団法人 東京都高齢者研究・福祉振興財団
発明者: 鈴木 隆雄, 大渕 修一, 杉浦 美穂, 古名 丈人

出願 2007-263826 (2007/10/09) 公開 2008-062071 (2008/03/21)

【要約】【課題】老年症候群の危険性の判定用装置、特には、歩行速度測定計、握力検査計、片足立ち検査計を提供する。【解決手段】歩行速度測定計は、歩行速度を自動的に測定可能な手段を有する。握力検査計は、予め統計学的に決定した閾値に到達したことを表示する表示手段を有する。片足立ち検査計は、片足立ち時間の測定試験開始からの経過時間を計測するタイマーと、予め統計学的に決定した閾値(時間)まで、被験者が片足立ちの状態で到達した場合に、その到達を表示する正規到達表示手段とを有する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2008062071/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長寿と健康寿命の延伸効果が... | トップ | 実験動物個体を用いた栄養学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

加齢 老化制御」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。