バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

操作された神経支配組織を生成する方法およびその使用

2016年11月12日 | 神経 脳 リューマチ
出願人: プレジデント アンド フェロウズ オブ ハーバード カレッジ, President and Fellows of Harvard College
発明者: パーカー, ケビン キット, フェインバーグ, アダム ダブリュー., チン, ローレン イー.エム.

出願 2012-553935 (2011/02/08) 公開 2013-520168 (2013/06/06)

【要約】本発明は、操作された神経支配組織の関連するインビトロモデルを生成するための方法、ならびにこのような組織の使用を提供する。一実施形態において、操作された神経支配組織を調製するための方法が提供され、この方法は:パターン化バイオポリマーを含む固体支持構造体を提供する工程;未成熟細胞を該パターン化バイオポリマーに播種する工程;異方性組織が形成されるように、該細胞を培養する工程;該異方性組織にニューロンを播種する工程;および該ニューロンを播種した該異方性組織を培養して、神経ネットワークが埋め込まれた異方性組織を形成し、それによって、操作された神経支配組織を調製する工程を包含する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2013520168/


審査最終処分:未審査請求によるみなし取下
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 癌幹細胞を標的とする薬剤を... | トップ | 小児がん拠点病院 4割で長期... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

神経 脳 リューマチ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。