バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

インスリン分泌細胞の誘導

2017年04月21日 | 細胞と再生医療
出願人: 国立大学法人京都大学g, 日本ケミカルリサーチ株式会社
発明者: 清野 進, 南 幸太郎, 奥野 正顕, 宮脇 一真

出願 JP2005009613 (2005/05/26) 公開 WO2005118781 (2005/12/15)

【要約】糖尿病の細胞移植治療に用いるためのインスリン分泌細胞を、培養容器内で膵腺房細胞からの誘導により製造する方法が開示されている。当該方法は、哺乳類動物より単離された膵腺房細胞を、増殖因子、好ましくは上皮増殖因子、繊維芽細胞増殖因子及び/又は肝細胞増殖因子を含有する培地中で培養してインスリン分泌細胞を誘導することを含んでなる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2005118781/
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多能性幹細胞から骨格筋細胞... | トップ | 眼杯様構造体の製造方法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。