バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

p21経路のモディファイヤーとしてのRORsおよび使用方法

2017年01月30日 | BioTech生物工学 遺伝子工学
出願人: エクセリクシス, インク.
発明者: フランシス−ラング, ヘレン, フリードマン, ローリ, キッド, トーマス, ロシェ, ジオブハン, ザン, ハイギャン

出願 2004-536323 (2003/09/15) 公開 2005-538722 (2005/12/22)

【要約】ヒトROR遺伝子はp21経路のモジュレーターとして同定されており、したがってこれらは欠陥p21機能に関連する疾患の治療上の標的である。RORの活性を調節する作用剤を探すためにスクリーニングすることを含む、p21のモジュレーターを同定する方法が提供される。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2005538722/

審査最終処分:未審査請求によるみなし取下
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 可逆的に増殖可能なインスリ... | トップ | βカテニン経路のモディファイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。