バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

レセプター結合性物質のスクリーニング方法

2017年01月25日 | BioTech生物工学 遺伝子工学
出願人: バイオ・エナジー株式会社
発明者: 近藤 昭彦, 黒田 俊一, 植田 充美, 石井 純, 福田 秀樹, 立松 健司, 山崎 智子

出願 JP2006307182 (2006/03/29) 公開 WO2006104254 (2006/10/05)

【要約】本発明のアゴニストのスクリーニング方法は、レセプターを発現し、そしてランダム化したアゴニスト候補物質を細胞表層に提示する酵母を得る工程;および 発現した該アゴニスト候補物質が該レセプターに結合している酵母を検出する工程を含み、該酵母が、該検出の感度を上昇させるように改変されている。本発明のもう1つの方法は、レセプターを発現している酵母を、アゴニスト候補物質とともに培地中で72時間以内の範囲で培養する工程;および該アゴニスト候補物質が結合した酵母を検出する工程を含む。本発明の方法によれば、生体機能に重要と思われるレセプターに対するアゴニストを、高効率または高感度でスクリーニングすることができる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2006104254/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新規リンカーを用いた抗菌剤... | トップ | カンジダ・アンタークティカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

BioTech生物工学 遺伝子工学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。