バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

敗血症の予防治療剤

2017年06月30日 | 医療 医薬 健康

出願番号 特願2016-510517
出願日 平成27年3月27日(2015.3.27)
国際出願番号 JP2015059548
国際公開番号 WO2015147240
国際出願日 平成27年3月27日(2015.3.27)
国際公開日 平成27年10月1日(2015.10.1)
優先権データ
特願2014-067451 (2014.3.28) JP
発明者
入鹿山 容子
小川 靖裕
柳沢 正史
出願人
国立大学法人 筑波大学
ボード・オブ・リージエンツ,ザ・ユニバーシテイ・オブ・テキサス・システム
発明の名称 敗血症の予防治療剤 NEW 新技術説明会
発明の概要 本発明は、オレキシン、オレキシン高活性体またはオレキシン受容体アゴニストを有効成分とする、末梢投与で有効な敗血症、特に敗血症性ショックの予防治療剤を提供する。
従来技術、競合技術の概要

敗血症は、細菌などの病原体感染が全身に広がり、細菌由来のエンドトキシンなどの毒素が原因となって全身性の炎症反応が生じることで多臓器不全、血圧低下、ショックなどの症状が引き起こされる疾病である。通常、感染症に対しては、抗生物質などによる治療を行うが、敗血症性ショックに至ると有効な手立てがなく、高い確率で死に至る。日本における同疾患の発症は年に38万人以上と推計され、米国では毎年およそ100万人の患者が発症し、その20-30%が死亡している。集中治療が必要な患者の死因としては最多の疾患である。 J-Store >>国内特許コード P170014347
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <認知症>患者4600万人... | トップ | 骨芽細胞の調製方法及び骨芽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。