バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

iPS細胞のDNA変異は「良性」 理研などがゲノム解析で突き止める

2017年10月16日 | 細胞と再生医療

MSN産経ニュース 2017-10-16

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作製時に生じるDNAの変異の大半が、がん化と無関係な「良性」であることを理化学研究所などの研究チームがゲノム(全遺伝情報)の解析で突き止めた。がん化につながる可能性がある変異は全体の3%未満と少ない。iPS細胞を使った再生医療の追い風となりそうだ。
http://www.sankei.com/life/news/171016/lif1710160014-n1.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ノーベル賞】大村智さん発... | トップ | もはや“生物”だ DNAでで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。