バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ピロリ菌がんタンパク質の1アミノ酸多型が日本人胃がん多発の背景に

2017年09月20日 | 医療 医薬 健康
ピロリ菌がんタンパク質の1アミノ酸多型が日本人胃がん多発の背景に 〜ピロリ菌の発がん活性を規定する分子構造基盤〜

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.09.20
高エネルギー加速器研究機構 日本医療研究開発機構


東京大学大学院医学系研究科の畠山昌則教授、高エネルギー加速器研究機構の千田俊哉教授らの研究グループは、X 線結晶構造解析(注2)を通して CagA が標的とする発がんタンパク質 SHP2(注3)との複合体の構造を原子レベルで解明し、東アジア型 CagA と欧米型CagA の間に存在する 1 つのアミノ酸残基の違いによる立体構造の差異が CagA の SHP2 結合能に大きな影響を与えることを明らかにしました。
https://research-er.jp/articles/view/62978
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かぜ薬から見える家族の変化 | トップ | 実験室で誕生 脳オルガノイド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事