バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

膵癌治療剤

2016年10月13日 | 癌 ガン がん 腫瘍
出願人: 独立行政法人国立がん研究センター, 中外製薬株式会社
発明者: 光永 修一, 落合 淳志, 池田 公史

出願 JP2011062191 (2011/05/27) 公開 WO2011149046 (2011/12/01)

【要約】本発明者らは、膵癌患者にIL=6阻害剤と代謝拮抗剤とを投与することにより優れた膵癌治療効果が得られることを見出し、本発明を完成した。さらにヒト膵癌からの転移巣の縮小および腹水の消失が可能であることを見出した。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2011149046/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 腫瘍性疾患を処置するための... | トップ | 乳糖果糖オリゴ糖の「インフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。