バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

体内で分解されにくい人工インスリンを合成、薬効が長く持続するインスリン製剤に応用

2017年04月19日 | 医療 医薬 健康

2017年4月12日 バイオニュース/研究・開発,

体内での薬効が長く持続する効果が期待できる人工インスリンの合成に東海大の研究グループが成功しました。糖尿病治療に対する新しいインスリン製剤としての応用が期待されます。
糖尿病患者にとってインスリン製剤は重要な薬剤ですが、高頻度の皮下投与は肉体的にも精神的にも負担が大きいという問題があります。
そのため、患者の負担を軽減するために長時間にわたって体内で作用するインスリン製剤の開発が大きな課題となっています。
http://pat.intellectual-info.com/bio-mori/news/29115/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 培地条件の改善のみでクロー... | トップ | コヒーシンの機能低下により... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。