バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

バニロイド受容体作用薬と神経再生物質阻害物質との混合物

2016年12月28日 | 神経 脳 リューマチ
バニロイド受容体作用薬と神経再生物質阻害物質との混合物、鎮痛薬を生成するためのそれらの使用、および該鎮痛薬を適用する方法
出願人: メステックス アクチェンゲゼルシャフトgoogle_iconyahoo_icon, MESTEX AG
発明者: マイヤー,ドミニク

出願 2007-547130 (2004/12/22) 公開 2008-524267 (2008/07/10)

【要約】本発明は、バニロイド受容体作用薬と神経再生物質阻害物質とを含む混合物に関する。該混合物は鎮痛薬として特に適している。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2008524267/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生体試料の連続分析  | トップ | H1受容体アンタゴニストと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。