バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

LIX1L高発現腫瘍細胞の増殖阻害方法、及び腫瘍細胞増殖抑制ペプチド

2017年03月21日 | 酵素・蛋白質・ペプチド・核酸

出願番号 特願2015-511230
出願日 平成26年4月2日(2014.4.2)
国際出願番号 JP2014059780
国際公開番号 WO2014168064
国際出願日 平成26年4月2日(2014.4.2)
国際公開日 平成26年10月16日(2014.10.16)
優先権データ

特願2013-082272 (2013.4.10) JP
特願2013-173696 (2013.8.23) JP

発明者

中村 悟己
椙村 春彦

出願人

国立大学法人浜松医科大学

NEW
発明の概要 LIX1L遺伝子を高発現している腫瘍細胞に対して、LIX1L遺伝子の発現又は機能を抑制させることを特徴とする、LIX1L高発現腫瘍細胞の増殖阻害方法。
従来技術、競合技術の概要


現在、悪性腫瘍に用いる抗腫瘍剤は、代謝拮抗薬(Ara-C、メソトレキセート等)、植物アルカロイド(ビンクリスチン)、アルキル化剤(エンドキサン)、抗癌抗生物質(アドリアマイシン、イダルビシンマイトマイシン等)、白金製剤(シスプラチン)等、数多く知られている。中でも、ポリペプチド剤としては、ヒトインターフェロン-γポリペプチド(例えば、特許文献1参照。)や、ヒト腫瘍壊死因子(TNF)又はその変換体の一部からなるポリペプチド(例えば、特許文献2参照。)等が挙げられる。特に近年は、腫瘍特異性の高い分子標的治療薬(イマチニブ等)、モノクローナル抗体(リツキシマブ等)等が目覚ましい進歩を認め、治療効果も高くなってきている。しかしながら、イマチニブ等の抗腫瘍剤は、抗腫瘍効果スペクトルが狭く、腫瘍ごとに薬剤を選択しなければならないことに加えて、薬剤耐性の問題もある。このため、医療の場では常に、より有効で抗腫瘍効果スペクトルが広い薬剤が求められている。J-Store 国内特許コード P170013889
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイクロRNAの測定方法、... | トップ | 多光子レーザ顕微鏡下で観察... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。