バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

微細藻類ヘマトコッカスによるアスタキサンチンの製造

2005年08月05日 | 菌類 細菌
◇バイオジェニック、昆明で抗酸化物質の培養工場稼働

 環境・水処理大手の荏原実業グループのバイオベンチャー、バイオジェニック(東京都中央区)は四日、中国・雲南省昆明市で建設を進めていた抗酸化物質の培養工場が完成し、操業を開始したと発表した。 詳細>>本文FujiSankei Business i. 2005/8/5

公開番号 : 特許公開2004-129504 公開日 : 2004年4月30日
出願人 : サントリー株式会社 発明者 : 東山 堅一 外2名
発明の名称 : アスタキサンチン含有脂質の製造方法

【課題】緑藻ヘマトコッカス・プルビアリスの培養方法を改善することによって、暗所条件下でシストを形成かつ成熟させ、効率よくアスタキサンチン含有脂質を製造する方法を提供する。
【解決手段】緑藻ヘマトコッカス・プルビアリスを暗所でかつ0.01~0.5vvmの相対通気量の通気下で培養することからなる、シストにアスタキサンチンを40~700pg/cell以上蓄積させた緑藻ヘマトコッカス・プルビアリスの藻体の製造方法、および該藻体からアスタキサンチン含有物を得ることを特徴とする、遊離型アスタキサンチン、アスタキサンチン脂肪酸モノエステル、アスタキサンチン脂肪酸ジエステル、およびこれらの混合物からなる群から選択される成分を主成分として含む、アスタキサンチン含有脂質の製造方法。


公開番号 : 特許公開2004-33070 公開日 : 2004年2月5日
出願人 : ヤマハ発動機株式会社 発明者 : 近藤 裕 外1名
発明の名称 : 緑藻ヘマトコッカスへの外来遺伝子導入方法

【課題】緑藻類に外来遺伝子を導入する場合の課題を解決する。
【解決手段】抗酸化剤アスタキサンチンを生合成することで工業的にも有用性の高い緑藻ヘマトコッカス(Haematococcus)に外来遺伝子を導入・発現させる場合に有効な方法である。遺伝子を導入できた細胞を多くの細胞の中から選び出す方法として、高感度検出が可能なレポータータンパク質(緑色蛍光タンパク質GFP)を発現する遺伝子、Phleomycin 系抗生物質Zeocin 耐性遺伝子、抗生物質ハイグロマイシン耐性遺伝子を緑藻ヘマトコッカス(Haematococcus)に導入し、安定に発現維持させる。

公開番号 : 特許公開2001-61466 公開日 : 2001年3月13日
出願人 : ヒガシマル醤油株式会社 発明者 : 古林 万木夫 外3名
発明の名称 : アスタキサンチンの製造方法

【課題】 緑藻ヘマトコッカス・プルビアリスの培養方法を改善することによってアスタキサンチン含有量を早期に増加させ、効率よくアスタキサンチンを製造する方法、特にヘマトコッカス・プルビアリスを暗所で培養することを含むアスタキサンチンの製造方法を提供すること。
【解決手段】 ヘマトコッカス・プルビアリスの培養物に活性酸素生成物質を添加して明所下で培養することを特徴とするアスタキサンチン含有藻体の製造方法


公開番号 : 特許公開2000-60532 公開日 : 2000年2月29日
出願人 : 大日本インキ化学工業株式会社 発明者 : 太郎田 博之 外1名
発明の名称 : アスタキサンチン含有ヘマトコッカスの製造方法

【課題】 本発明が解決しようとする課題は、屋外培養池で捕食あるいは寄生生物の影響を軽減せしめた、高いアスタキサンチン含有ヘマトコッカスの工業的な製造方法を提供することにある。
【解決手段】 藻類ヘマトコッカスを閉鎖型培養装置で増殖させ、次いで屋外培養池において、ヘマトコッカス中にアスタキサンチンを生成蓄積させ、ヘマトコッカスを補食あるいは寄生する生物が培養池中に夾雑、増殖する前に培養を完了することを特徴とする、2段階培養法によるアスタキサンチン含有ヘマトコッカスの製造方法。


公開番号 : 特許公開平8-103288 公開日 : 1996年4月23日
出願人 : ヒガシマル醤油株式会社 発明者 : 古林 万木夫 外4名
発明の名称 : アスタキサンチンおよびアスタキサンチン含有物の製造方法

【目的】 ヘマトコッカス属の緑藻類のアスタキサンチン含量を増加させる培養方法を提供すること。
【構成】 ヘマトコッカス・プルビアリスに乾燥ストレスを加えることにより、アスタキサンチン生産を伴うシスト化を誘発させ、必要に応じて、乾燥ストレスを加えると同時に、乾燥ストレスを加える前および/または後に、植物ホルモンを培養基に添加する。
【効果】 安全性の高い天然品のアスタキサンチンを高収率、高純度で製造できる。


公開番号 : 特許公開平7-39389 公開日 : 1995年2月10日
出願人 : ヒガシマル醤油株式会社 発明者 : 古林 万木夫 外3名
発明の名称 : アスタキサンチンの製造方法

【目的】 緑藻ヘマトコッカス・プルビアリスの培養方法を改善することによってアスタキサンチン含有量を短期間で増加させ、効率よくアスタキサンチンを製造する方法、特に、ヘマトコッカス・プルビアリスに温度ストレスを加えて培養することを含む、アスタキサンチンの製造方法を提供する。
【構成】 ヘマトコッカス・プルビアリスを温度ストレス下で培養することにより、アスタキサンチン生産を伴うシスト化を誘発させ、さらに、温度ストレスを加え、同時、その前、および/またはその後に、活性酸素生成物質と炭素源を培養基に添加することによりヘマトコッカス・プルビアリスのアスタキサンチン生産を促進させ、該培養物からアスタキサンチンを採取する。


公開番号 : 特許公開平5-68585 公開日 : 1993年3月23日
出願人 : ヒガシマル醤油株式会社 発明者 : 古林 万木夫 外3名
発明の名称 : アスタキサンチンの製造方法

【目的】 緑藻ヘマトコッカス・プルビアリスの培養方法を改善することによってアスタキサンチン含有量を早期に増加させ、効率よくアスタキサンチンを製造する方法、特にヘマトコッカス・プルビアリスを暗所で培養することを含むアスタキサンチンの製造方法を提供する。
【構成】 ヘマトコッカス・プルビアリスを暗所でかつ好気的条件下で培養することにより、アスタキサンチンを含有するヘマトコッカス・プルビアリスを生育させた後、活性酸素生成物質と炭素源を培養基に添加して明所下で培養し上記ヘマトコッカス・プルビアリスのシスト化を誘発し、アスタキサンチン合成を促進させ、該培養物からアスタキサンチンを採取する。得られたヘマトコッカス・プルビアリスをプロテアーゼ処理し、かつ細胞壁に浸透圧ショックを加えることにより細胞が破壊され、アスタキサンチンが採取される。


公表番号 : 特許公表2000-513938 公表日 : 2000年10月24日
出願人 : アクアサーチ インコーポレイテッド 発明者 : レオナード、アレグザンダー ビー.ピー. 外3名
発明の名称 : ヘマトコッカス種の成長プロセスの制御方法

水系ヘマトコッカス種(例えば、H.プルビアリス)微生物成長プロセスを稼動させるための制御方法であって、これまで商業的に価値のある質で容易に増殖させることができていないこの微生物の実施可能な成長条件を維持することが可能な方法が開示される。主な制御パラメータは水系成長培地における乱流の程度及び、最適な成長に必要とされる条件に直接影響を与える水系培地で部分的に充填されている容器中の乱流渦の規模に対する装置の規模;露光、栄養物の供給、沈降速度、バルク温度、気体交換率及び細胞の統合性である。これらの制御要素は、ヘマトコッカスの種の作動性クロロフィル成長段階及びそのアスタキサンチン産生光活動段階に応じて、レイノルズ数(NRe)、pH、温度、入射光の量、及びNO2濃度の形で計算することができる。

緑藻ヘマトコッカス属 http://protist.i.hosei.ac.jp/taxonomy/Chlorophyta/Genus/Haematococcus/
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムチンとピロリ菌について | トップ | 三菱ガス化学、コエンザイム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。