バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

鳥インフルエンザウイルスに対する消毒方法

2017年07月11日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒
出願人: 学校法人 京都産業大学, CBC株式会社, OCI株式会社
発明者: 大槻 公一, 高桑 弘樹, 常國 良太, 川口 直康, 原 邦夫, 大上 猛夫, 三浦 治

出願 2013-027953 (2013/02/15) 公開 2013-136610 (2013/07/11)

【要約】【課題】鳥インフルエンザウイルスに対して優れた不活化を行い、食鶏などの家禽に対しても安全におこなうことのできる鳥インフルエンザウイルスに対する消毒方法を提供する。【解決手段】消毒対象物に燻液を有効成分としてなる薬剤を接触させ鳥インフルエンザウイルスの不活化を行う鳥インフルエンザウイルスに対する消毒方法である。鳥インフルエンザウイルスに対する汚染可能性がある鶏舎、食鶏又は鶏卵に対して、薬剤の散布又は浸漬を行うのが好ましい。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2013136610/


鳥インフルエンザウイルス不活化剤


出願人: 学校法人 京都産業大学, CBC株式会社, OCI株式会社
発明者: 大槻 公一, 高桑 弘樹, 常國 良太, 川口 直康, 原 邦夫, 大上 猛夫, 三浦 治

出願 2008-100309 (2008/04/08) 公開 2009-249350 (2009/10/29)

【要約】【課題】 鳥インフルエンザウイルスに対して優れた抗菌効果を示し、食鶏などの家禽に対しても安全に用いることができる消毒剤を提供する。【解決手段】 燻液を有効成分としてなる鳥インフルエンザウイルス不活化剤である。燻液としては、ヒッコリー、オーク(カシ)、サクラ、クヌギ、ナラなどの木質原料より得られた燻煙の捕集液であるのが好ましい。燻液の溶媒は水、水溶性溶媒又は油性溶媒であるのが好ましい。本発明の薬剤には更に酸化防止剤を配合するのが好ましい。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2009249350/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« B細胞傷害抑制剤 | トップ | カキ殻由来の石灰を含有する... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。