バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

小型でかつより高効率にて細胞を自動培養可能な細胞培養器

2014年11月10日 | 細胞と再生医療

出願番号 : 特許出願2012-265374 出願日 : 2012年12月4日
公開番号 : 特許公開2013-255483 公開日 : 2013年12月26日
出願人 : メディカルサイエンス株式会社 外1名 発明者 : 倉科 佑太 外5名

発明の名称 : 細胞培養器

【課題】
小型でかつより高効率にて細胞を自動培養可能な細胞培養器を提供する。
【解決手段】
本発明は、少なくとも一対の金属板10,10を対向して備える容器形状の細胞培養器2であって、当該一対の金属板10,10の少なくとも内側の面に、細胞を接着させる足場となる細胞培養面18を形成して成る細胞培養器2に関する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がん免疫を効率的に誘導でき... | トップ | G-CSFを含む線維芽細胞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事