バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

β−2アドレナリン受容体アゴニストとしての2−アミノ−ピリジン誘導体

2016年12月28日 | 創薬 生化学 薬理学
.
β−2アドレナリン受容体アゴニストとしての2−アミノ−ピリジン誘導体
出願人: ファイザー・インク
発明者: ブラウン,アラン ダニエル, ブライアンズ,ジャスティン スティーブン, レーン,シャーロット アリス ルイーズ, マンテル,サイモン ジョン

出願 2006-508412 (2004/05/21) 公開 2006-526604 (2006/11/24)

【要約】本発明は、式(1)の化合物に、ならびにこのような誘導体を含有する組成物の製造に用いられる中間体の製造方法に、ならびにこのような中間体の使用に関する。本発明の化合物は、多数の疾患、障害および症状、特に炎症性、アレルギー性および呼吸器疾患、障害および症状において有用である。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2006526604/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 便利に移植可能な徐放性薬物... | トップ | 生体試料の連続分析  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。