バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

コヒーシンの機能低下により不安行動が高まるメカニズムを解明

2017年04月19日 | からだと遺伝子
コヒーシンの機能低下により不安行動が高まるメカニズムを解明
~不安障害の機序解明につながる成果~

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.04.19
大阪大学 日本医療研究開発機構

大阪大学の藤田幸助教(大学院医学系研究科 分子神経科学)、山下俊英教授(大学院医学系研究科/生命機能研究科/免疫学フロンティア研究センター 分子神経科学)らの研究グループは、染色体接着因子として知られるコヒーシン※1の機能低下により、脳のシナプス※2が未熟な状態となり、不安の高まりをきたすことを発見しました。
https://research-er.jp/articles/view/57621
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体内で分解されにくい人工イ... | トップ | ヒト化ターゲティングモノク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。