バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

植物由来のグリコポリペプチドを含む組成物、蛋白質マルチマー

2016年11月26日 | 生薬・植物成分と薬効 漢方
植物由来のグリコポリペプチドを含む組成物、蛋白質マルチマーおよびそれらの使用

出願人: スクリップス クリニック アンド リサーチ ファウンデーション, Scripps Clinic And Research Foundation

発明者: ヘイット アンドリュー シー, ハイン ミック ビー

出願 2004-293032 (2004/10/05) 公開 2005-112857 (2005/04/28)

【要約】【課題】 目的の蛋白質マルチマーを経済的に、かつ効率的に生産し、またガスや液体などの流体から金属イオン等所定のリガンドを分離し、及び/または濃縮するための手段として有効なトランスジェニック植物を提供すること。【解決手段】 自発的に会合して生物的に活性なマルチマーを形成しうるポリペプチドをコードする少なくとも二つの哺乳類遺伝子を含む体細胞及び胚細胞を含むトランスジェニック植物。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2005112857/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尿道閉塞モデルにおける流量... | トップ | 癌疾患の治療、診断及び検査... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生薬・植物成分と薬効 漢方」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。