バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

他者を認識する「社会記憶」の神経メカニズムを解明

2017年04月19日 | 神経 脳 リューマチ
バイオの杜017年4月19日 バイオニュース/研究・開発,

他者を認識する「社会記憶」を脳に定着させる神経メカニズムを、東京農業大の研究グループがマウスの実験で解明しました。自閉症の病態解明などにつながると期待されます。
円滑な社会行動を営むうえでは他者を記憶する必要があります。しかしこれまで、このような「社会記憶」を脳に定着させる仕組みについてはよくわかっていませんでした。
マウスは鼻を相手に接触させて臭いを嗅ぐことで相手を認識し、記憶しています。研究グループは、このような社会行動後に活性化する脳の領域を遺伝子群の発現を指標にして同定しました。
http://pat.intellectual-info.com/bio-mori/news/29191/
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 組成物、ダイエット組成物、... | トップ | トランス脂肪酸と動脈硬化症... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。