バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

抗菌性組成物

2017年07月11日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒

出願人: 日本エコロジア株式会社google_i, テクノマイニング株式会社
発明者: 片岡 長昭, 水野 雅友, 西嶋 康祐

出願 2009-008086 (2009/01/16) 公開 2010-163397 (2010/07/29)

【要約】【課題】ウィルスに対しても効力を発揮できる優れた抗菌性を有するのみならず、ヒト等の生物に対する優れた安全性を有する抗菌性組成物組成物を提供する。【解決手段】炭素数が6~12の脂肪酸と、モノグリセリン脂肪酸エステルとを少なくとも含む組成物。抗菌試験において、2000ppm以下の濃度で、緑膿菌を死滅させる抗菌力を有する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2010163397/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  細胞増殖を調節するアンテナ... | トップ | B細胞傷害抑制剤 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。