バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

もはや“生物”だ DNAでできた極小ロボットが二足歩行で物を運搬した

2017年10月16日 | NEWSクリッピング


MSN産経ニュース2017.10.14

DNAでできた極小ロボットのイメージ=Ella Maru Studio(www.scientific-illustrations.com)提供
DNAでできた極小ロボットのイメージ=Ella Maru Studio(www.scientific-illustrations.com)提供
 2本の脚で歩き、2本の腕で分子を運搬するロボットをDNAの鎖で作製することに、米カリフォルニア工科大のルル・チエン助教授らの研究チームが成功し、米科学誌サイエンスに論文を発表した。将来は血管の中で治療に関わったり、微小な電子回路を再構成したりする作業を人間の計画通りに行えるようになるとみられている。
http://www.sankei.com/life/news/171014/lif1710140002-n1.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« iPS細胞のDNA変異は「... | トップ | 小児心臓病 岡山大が再生医療... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

NEWSクリッピング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。