バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

サイトカイニンのオキシダーゼ/デヒドロゲナーゼの阻害剤としての置換6-アニリノプリン誘導体

2011年01月31日 | 創薬 生化学 薬理学
出願番号 : 特許出願2010-513636 出願日 : 2008年7月2日
公表番号 : 特許公表2010-531818 公表日 : 2010年9月30日
出願人 : ウニヴェルジタ パラケーホ ヴ オロモツ 外2名 発明者 : スピハル,ルカーシュ 外8名
発明の名称 : サイトカイニンのオキシダーゼ/デヒドロゲナーゼの阻害剤としての置換6-アニリノプリン誘導体および該置換6-アニリノプリン誘導体を含む製剤



 本発明は、サイトカイニンのオキシダーゼ/デヒドロゲナーゼの阻害剤として用いる、一般式Iで示される置換6-アニリノプリンの誘導体に関し、式中、Rは、水素原子、ハロゲン原子、水酸基、アミノ基、アルキロキシ基、アルキル基を含む群から独立に選択された1~5個の置換基を示す。R2は、アミノ基、ハロゲン原子、ニトロ基、チオ基、アルキルチオ基、またはアルキル基を示す。また、本発明は、これら誘導体を含む組成物に関する。 明細書 >> asta muse特許資料
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 爆発物検知植物を開発 葉が... | トップ | 調節解除されたビタミンB1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

創薬 生化学 薬理学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。