バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

エプスタイン−バールウイルス感染細胞を特異的に攻撃する細胞傷害性T細胞エピトープペプチド

2016年11月05日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒
エプスタイン−バールウイルス感染細胞を特異的に攻撃する細胞傷害性T細胞エピトープペプチド及びその用途
出願人: 株式会社医学生物学研究所, 愛知県
発明者: 葛島 清隆, 伊藤 嘉規, 出町 文子, 赤塚 美樹, 森島 泰雄

出願 2011-177487 (2011/08/15) 公開 2011-239787 (2011/12/01)

【要約】【課題】 本発明は、エプスタイン=バールウイルス(以下EBVと記載する)に特異的な細胞傷害性T細胞エピトープペプチド、該ペプチドを用いたEBVの感染および同ウイルス陽性の癌を治療又は予防するワクチン、EBVに対する受動免疫療法剤、およびEBVに特異的な細胞傷害性T細胞の定量方法の提供を目的とする。【解決手段】 本発明者らは、EBV関連蛋白質であるLMP1およびEBNA1のmRNAを抗原提示細胞に導入し、該細胞がEBVに特異的な細胞傷害性T細胞を誘導することを明らかにした。また、該細胞傷害性T細胞は、HLA=A_0206分子、HLA=Cw_0303分子またはHLA=Cw_0304分子に提示されているエピトープペプチドを認識し、さらにEBVが感染しているB細胞の成長を阻害し、EBVが感染しているNKリンパ腫またはNK細胞を溶解することを明らかにした。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2011239787/


エプスタイン−バールウイルス感染細胞を特異的に攻撃する細胞傷害性T細胞エピトープペプチド及びその用途
出願人: 株式会社医学生物学研究所, 愛知県
発明者: 葛島 清隆, 伊藤 嘉規, 出町 文子, 赤塚 美樹, 森島 泰雄

出願 2005-315306 (2005/10/28) 公開 2007-117023 (2007/05/17)

【要約】【課題】 本発明は、エプスタイン=バールウイルス(以下EBVと記載する)に特異的な細胞傷害性T細胞エピトープペプチド、該ペプチドを用いたEBVの感染および同ウイルス陽性の癌を治療又は予防するワクチン、EBVに対する受動免疫療法剤、およびEBVに特異的な細胞傷害性T細胞の定量方法の提供を目的とする。【解決手段】 本発明者らは、EBV関連蛋白質であるLMP1およびEBNA1のmRNAを抗原提示細胞に導入し、該細胞がEBVに特異的な細胞傷害性T細胞を誘導することを明らかにした。また、該細胞傷害性T細胞は、HLA=A_0206分子、HLA=Cw_0303分子またはHLA=Cw_0304分子に提示されているエピトープペプチドを認識し、さらにEBVが感染しているB細胞の成長を阻害し、EBVが感染しているNKリンパ腫またはNK細胞を溶解することを明らかにした。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2007117023/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヌクレアーゼ切断特異性の評... | トップ | レーザー励起技術を用いる生... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。