バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

未分化細胞のアポトーシス誘導剤

2017年02月12日 | 糖鎖生化学

整理番号 S2015-0949-N0
掲載日 2017年2月1日
出願番号 特願2015-102175
公開番号 特開2016-216387
出願日 平成27年5月19日(2015.5.19)
公開日 平成28年12月22日(2016.12.22)
発明者

加藤 晃一
矢木 宏和
山口 拓実
ヤン ゲンエイ

出願人

公立大学法人名古屋市立大学
大学共同利用機関法人自然科学研究機構


発明の概要 【課題】未分化細胞に対して特異的ないし選択的に細胞死を誘導する技術を提供し、細胞医療の更なる発展、及び新たな細胞医療の実現に貢献することを課題とする。
【解決手段】
Lewis X型糖鎖がスペーサーを介してアシル鎖に連結した構造のネオ糖脂質からなる、未分化細胞のアポトーシス誘導剤が提供される。 J-Store >>国内特許コード P170013672
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RNA干渉剤、その製造方法... | トップ | 病原体感染抑制剤  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。