バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

無血清条件下でのクローン性間葉先駆体及び間葉幹細胞株の作製

2017年05月18日 | 細胞と再生医療


出願人: ウイスコンシン アラムニ リサーチ ファンデーション発明者: ヴォドヤニク マクシム エイ, スラクヴィン イゴル アイ

出願 2013-500186 (2011/03/16) 公開 2013-521806 (2013/06/13)

明者: ヴォドヤニク マクシム エイ, スラクヴィン イゴル アイ

【要約】多能性アペリンレセプター陽性側板中胚葉細胞、間葉幹細胞及びメサンギウム芽細胞を無血清条件下で入手する方法が開示される。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2013521806/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Opitz(オピッツ)症候群の原因... | トップ | ナッツ摂取でガンの再発と死... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。