バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

インスリン分泌促進剤

2016年10月25日 | 酵素・蛋白質・ペプチド・核酸
出願人: 協和発酵キリン株式会社, 国立大学法人 宮崎大学
発明者: 山崎 基生, 中里 雅光, 小堀 雅登

出願 JP2011080277 (2011/12/27) 公開 WO2012091041 (2012/07/05)

【要約】本発明は、配列番号8で表されるアミノ酸配列またはその一部の配列からなり、かつ配列番号1で表されるアミノ酸配列を含むアミノ酸配列からなるペプチドまたはその薬理学的に許容される塩を有効成分として含む、糖尿病、あるいは悪液質等の予防、または治療薬を提供する。また、本発明は、該ペプチドまたはその塩を利用する、該ペプチドの活性を促進または抑制する物質、あるいは該ペプチドの受容体に対するアゴニストまたはアンタゴニストのスクリーニング法を提供する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2012091041/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蛋白質をコードする遺伝子が... | トップ | ヒト末梢血単核球であるCD... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

酵素・蛋白質・ペプチド・核酸」カテゴリの最新記事