バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

脈管形成性の始原細胞をインビトロで同定し、単離し、または分化させるための新規な方法

2017年01月25日 | 細胞と再生医療
出願人: テクニオン リサーチ アンド ディベロップメント ファウンデーション リミテッド
発明者: ゲレヒト−ニール, シャロン, イツコヴィッツ−エルドール, ジョセフ

出願 2003-584240 (2003/04/15) 公開 2005-522213 (2005/07/28)

【要約】ヒト脈管形成性始原細胞のインビトロでの同定、単離および培養のための簡略化された安価な方法が提供される。前記方法、および前記方法において提供される始原細胞は、インビトロでの血管工学、先天的および後天的な血管異常および血液学的異常を処置するために、また、脈管形成プロセスおよび血管形成プロセスに影響を及ぼす薬物を評価および開発するために、また、組織の分化および発達をさらに研究するために使用することができる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2005522213/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 良好な発生能を有する非近交... | トップ | 細胞分化抑制剤及びこれを用... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。