バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

タンパク質合成キット、自動抽出装置を用いたタンパク質発現および抽出方法

2016年12月13日 | 酵素・蛋白質・ペプチド・核酸
出願人: バイオニア コーポレーション
発明者: パク, ハン オ, チョ, ユ サン, ジョン, ジュン ホ, ハン, ジ ウォン, キム, ナム イル

出願 2014-527074 (2012/08/23) 公開 2014-524262 (2014/09/22)

【要約】本発明は、タンパク質の生産方法に関し、前記本発明に係るタンパク質の生産方法によれば、本発明のマルチウェルプレートキットと、ヒート部および磁場印加部を備える生物学的物質の自動精製装置を用いることで、従来の細胞培養によるタンパク質発現/抽出方法を用いて標的タンパク質を得る場合に比べて多数のタンパク質を迅速且つ簡単に得ることができ、反応ウェル間の偏差がなくて同様なタンパク質に対して再現性のある合成効率を得ることができる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2014524262/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キウイフルーツの抽出物を含... | トップ | 柑橘類果実を有効利用した優... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。