バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

DNAの検出方法

2017年04月23日 | からだと遺伝子

出願番号 特願2015-543920
出願日 平成26年10月24日(2014.10.24)
国際出願番号 JP2014078298
国際公開番号 WO2015060417
国際出願日 平成26年10月24日(2014.10.24)
国際公開日 平成27年4月30日(2015.4.30)
優先権データ
特願2013-221803 (2013.10.25) JP
発明者
藤田 博之
カルステン スタニスラフ エル
コラール ドミニク
久米村 百子
出願人
一般財団法人生産技術研究奨励会
ニューロインディクス インク
サントル ナショナル ドゥラ ルシェルシュ シヤンティフィック
発明の名称 DNAの検出方法 NEW
発明の概要 検出装置の一対の電極間を伸張させたDNAによって橋渡しさせ、突起の電極間を橋渡しするDNAの性質決定を行うことによって、DNAを、蛍光体等の標識物質を使用することなく、容易に、かつ、確実に検出することができるようにする。そのため、少なくとも一対の電極を備える検出装置を使用するDNAの検出方法であって、前記電極にプライマーを固定し、単鎖DNAの環状テンプレートを含有する溶液内に前記電極を浸し、前記環状テンプレートをアニールし、RCA(Rolling Circle Amplification)法によって単鎖DNA生成物を生成することにより、所定の電圧を印加した前記電極間を伸張したDNAによって橋渡しさせ、複数の単鎖DNA分子を含む前記電極間を橋渡しするDNAの性質決定を行うこと、を含む。J-Store 国内特許コード P170013976
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 細胞の識別方法 | トップ | 膵島再生医療の現状と展望 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

からだと遺伝子」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。