バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

肺アスペルギルス症の治療効果を胸部CTで判定するには?

2016年10月15日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒
倉原優(近畿中央胸部疾患センター)

 肺アスペルギルス症、とりわけ空洞を形成している慢性肺アスペルギルス症は抗真菌薬による治療効果がなかなか出ず、患者さんだけでなく臨床医もヤキモキすることが多い疾患です。そんな肺アスペルギルス症の治療効果をどのように判定すればよいのか、ヒントをくれる論文があります。日経メディカル 2016/9/16
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本発、開発進む遺伝子組み... | トップ | 「よく効くクスリ」の功罪 ”... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。