バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

肝機能の保護・改善剤

2017年03月07日 | 医療 医薬 健康
出願人: 学校法人 関西大学, 独立行政法人医薬基盤研究所, 有限会社一栄
発明者: 河原 秀久, 長岡 康夫, 竹森 洋, 小出 芳栄

出願 2009-240520 (2009/10/19) 公開 2011-084537 (2011/04/28)

【要約】【課題】肝機能の保護・改善剤、さらに詳しくは、肝機能の保護作用或いは改善作用を有する医薬品、健康食品等として用いられる肝機能の保護・改善剤に関し、医薬品や健康食品等として日々摂取することで肝機能障害を予防または治療できる、肝機能の保護・改善剤を提供することを課題とする。【解決手段】0~10℃の温度で馴化したエノキタケ(Flammulina velutipes)を、肝機能の保護・改善剤に含有させたことを特徴とする。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2011084537/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フラビウイルス感染症ワクチ... | トップ | ヒトヘルペスウイルス6gl... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事