バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

免疫障害、特に、感染症および敗血症の治療における抗MDL-1抗体の使用

2011年01月31日 | 感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒

出願番号 : 特許出願2010-506224 出願日 : 2008年4月21日
公表番号 : 特許公表2010-526066 公表日 : 2010年7月29日
出願人 : シェーリング コーポレイション 発明者 : ビグラー, マイケル イー. 外3名
発明の名称 : 抗MDL-1抗体

 ヒトMDL-1に対する抗体ならびに、例えば、免疫障害、特に、感染症および敗血症の治療におけるその使用を提供する。一態様では、本発明は、抗体軽鎖可変ドメインまたはその抗原結合性断片を含む、配列番号41~46からなる群から選択される少なくとも1種または複数のCDRおよび配列番号17~40からなる群から選択される少なくとも1種または複数のCDRを有する、ヒトMDL-1と結合する、抗体またはその断片、例えば、ヒト化またはキメラ組換え抗体などの結合性化合物を提供する。また、本発明は、ヒト対象において免疫応答を増強する方法であって、それを必要とする対象に、MDL-1シグナル伝達を刺激するのに有効な量のMDL-1に特異的な抗体(またはその抗原結合性断片)を投与するステップを含む方法も包含する。ekouhou 特許公開・明細書(全文)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 調節解除されたビタミンB1... | トップ | α-ガラクトシルセラミド類似... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感染症 ワクチン 抗生物質 食中毒」カテゴリの最新記事