バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ヒト化ターゲティングモノクローナル抗体と複合体を形成する複数の可変抗原

2017年04月19日 | 抗体 免疫 抗原 
出願人: ベイラー リサーチ インスティテュート, BAYLOR RESEARCH INSTITUTE
発明者: ジュラフスキ ジェラルド

出願 2009-548460 (2008/01/31) 公開 2010-518020 (2010/05/27)

【要約】本発明は、コヒーシン−ドッケリン対の半分を有し、それにより多価抗原コンジュゲートの迅速な会合を可能にするモジュール組換え抗体又はその断片を設計、作製及び使用するための組成物及び方法を包含する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2010518020/


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コヒーシンの機能低下により... | トップ | 植物のエピジェネティクス変... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。